転換点

毎年毎年、自分にとって6月っていう月は
再スタート、というか
軌道修正をするっていうか
そんな月だと感じてる。
4年前にもこんなこといっている
「もうすぐ6月がやってくる。
一度ニュートラルな状態になって自分の感情を見つめ直したい。」
…このころ一体なにが私に起こっていたんだろう??^^;
あんまり思い出せないなあ。

で、今年の6月も
やっぱり足下を見つめなおす感じでスタートしている。
そして、表面ではわかりにくいけれども
転換点でもあるように思う。
内面の大きな部分が、がたんって音をたてて
ゆっくり動いている。
基本は
「流れに乗っていけば、悪いようにはならない。」で
いけばいいんじゃないかって思っている。

# by ffk2e | 2014-06-02 23:54 | 思うこといろいろ

そこに愛はあるのかい?

先日、父とケンカをした。
本当につまらないケンカだった。
「親子の縁を切ってやる!」と
電話の向こうで叫んでいるのが聞こえてきた。
板挟みになった母は
「最近、ばあちゃんの病院通いで忙しいのもあるから、わかってやって」
と懇願する感じで言ってきた。

しばらく実家に近寄るのはやめておこうかな、と思っていた。
ああ、でも、病院のばあちゃんとこには行きたいな、
いつ行けるかなあ、来週行けばいいか、と思っていた。

次の日、祖母が亡くなった。

ケンカのことなんて、すっかり頭からふっとんだ。
ドライアイスでがんがん冷やされたばあちゃんは
触ると冷たかった。
お通夜、葬儀、告別式。
ばあちゃんは骨だけになった。
私の大好きだったばあちゃんの耳たぶは、
この世から無くなってしまった。

盲目的に身内を愛したばあちゃんだった。
初孫の私は、それはもう誰よりも盲目的に愛された。
私はばあちゃんに無条件で受け入れられていた。
これは、本当にありがたいことだった。

ばあちゃんがこのタイミングで息をひきとったのは
あほなことでケンカしている息子と孫への
最後の(無意識の)愛なのかもしれないなあ、とまで思うぐらいだ。

私は、ばあちゃんから十分与えられた。
私はばあちゃんに何を与えたんだろう?
でも、なんか、ばあちゃんにとって私は
「いるだけでよかった」のかもしれない。
そんな気がする。

与えられたから、与えることができるかもしれない。
「そこに愛はあるのかい?」っていうのは
昔のドラマのセリフだったはず。
最近、自分の言動を省みるときに「そこに愛はあるのかい?」って
言葉が浮かんでくるんだな。
それは、ばあちゃんが亡くなる前からなんだけど。
でも、今回ばあちゃんが亡くなったことで
ちょっと何かが見えたような感じだ。

で、これだけばあちゃんに愛された私だから
きっと、大丈夫って思うことができるんだ。
自分が大丈夫であることで、
それがまわりに「与える」ことにつながると思う。

父とはまたケンカするだろうなあ。
それでも、私は懲りることなく
娘たちをつれて実家へ足を運ぶつもりだ。

# by ffk2e | 2014-03-27 18:07 | 家族

2013年の漢字

おせち料理をつくったりなんだりでばたばたしていたら
娘2から「お母さんの今年の漢字って何?」って聞かれました。
娘2は「友」なんだそうです。
今までよりも友達が増えたのだって。いいねえ。
これは親としてもうれしいこと。

さて、自分は何でしょう?
しばらく考えて「『礎(いしずえ)』かなあ」と答えました。
「ああ、基礎英語の『礎(そ)』ね」と娘2。
意味、わかってくれたのかな。

生きる上でのヒントをあちらこちらでもらった1年でした。
今までの価値観の枠が、するするとどこかにいって
楽になるということがよくありました。

でも、ヒントをもらっただけで
実行に移していかないと、大切なものは手に入らないのでしょうね。

「礎」っていうのは、イメージとしては
自分が何かをするための新しいステージです。
その、ステージは提供された感じ。
でも、じゃあ、そこで何をするのか、そして、実行するのか
ということにかんしては、まだちょっと見えていない。

すごく抽象的な内容で申し訳ないですが、
「あいつは何か変わろうとしているな。模索中なんだな。」という感じで
温かく見守っていただけたら幸いです。

2013年、ありがとうございました。
今日で41歳になりました。
カラダのいろいろな部分に、正直衰えを感じることもありますが、
気持ちというのは、不思議と、年齢に関係なく
上げることができるものなのですね。
年齢をいいわけにするのではなく
むしろ味方にできるような日々を過ごしていきたいです。

それでは、みなさま、よき2014年をお迎えくださいませ。

# by ffk2e | 2013-12-31 17:18 | 思うこといろいろ

少しのことにも先達は…

「…あらまほしきことなり」、ですね。
@徒然草第52段。

先日、藤井フミヤライブに向かう電車の中で思っていたこと。
私にチェッカーズを教えてくれた=アルバム「絶対!チェッカーズ」を貸してくれた
Sちゃんは、今、何をしているんだろう?っていうこと。

小学校の時、同じクラスにはなっていないのに、
なぜかちょくちょく一緒に遊ぶことがあったSちゃん。
彼女が、「絶対!チェッカーズ」を貸してくれていなければ
今日、この電車には乗っていなかったはず。

そして、彼女は大和和紀のマンガも貸してくれた。
「はいからさんが通る!」だけじゃなくって「あさきゆめみし」も。
正直言って、そのおかげで今の仕事を知っているっていっても
おかしくない状態である。

すごいな、Sちゃん。
私にものすごく影響与えているな、彼女。
30年経って気づいたよ。
相当な「先達」だよ。

全然、連絡取れる状態じゃないけれど、
もし、会うことができたなら、ちゃんとお礼を言いたいな。

そういえば、横山輝一も陣内大蔵も教えてくれたよ。

…お昼ご飯ぐらいおごりたい気分です。
あ、足りないか?じゃあ、晩ご飯♪
もし、このブログ読んで、自分がSちゃんに違いないと思われる方、
連絡ください(笑)

# by ffk2e | 2013-12-05 00:04 | フミヤ君ネタ

ちょっと、ヤバかったこと

少し前のことなんだけど、
やたらと「思考がまとまらない」っていうことがあった。

朝起きて、仕事に着ていく服が決まらない。
タンスの中の服をイメージして、
布団の中でうなされる日々。
早めに起きて、実際に見て決めればいいんだよ。
でも、それができなかった。

仕上げなくてはいけない書類。
いつもならある程度調べていくうちに
すっとアイディアが降ってくるのに、何もこない。
あれは焦った。そんなの初めてだった。

切り替えと息抜きが必要って頭でわかっていても
息を抜く前に、やることがやってくる。
妙なプレッシャーもある。がんじがらめな感じ。

…呼吸がおかしくった。ヤバいって思った。

で、
わざと休むことにした。
っていうか、土日に仕事がある程度入ってくるところを
ちょっと「ごめんなさい」して、ゆっくり過ごすとか
勤務時間外の仕事を、気持ち減らすようにした。

10月は、なんとなくフル回転だったからね。

ホルモンバランスの乱れ?疲れ?
よくわからないけど、おかげでだいぶ良くなっている気がする。
仕事はたまっていますが、自分が壊れたらどうしようもないよね。
今の調子なら、なんとかなりそうです。

ストレスの耐性、少しずつついてきている
=ずうずうしくなってきているように思います(笑)

ちょっとヤバかったこと、でした。

# by ffk2e | 2013-11-04 00:41

代休の使い方

今日は代休日。
大阪に住んでいる夫のお友達の鍼灸師さんのところへ。
体の不調を治してもらいに行きました。
9月も診てもらう予定でしたが、
例の台風によって、ダメになってしまいました。
今回も台風で、またもやダメになるかもって
ほぼあきらめていたのですが、大丈夫でした。
本当によかった。

初めて診てもらったとき、
痛かった膝が、驚くぐらいすっきりしたのです。
このまま、ずっと膝の痛みとつきあっていくのかなあって
思っていたところだったので、うれしかったです。

朝の7時に出て、夫と二人、診てもらうだけ診てもらって
どこにも寄らずに帰ってくる。
それだけですが、それだけでも行く価値があると思っています。

治療をしてもらうと、体の痛みが無くなるだけでなく、
精神的にも何か気づきをもらえます。
正直、そちらの方が今の私にはメリットが大きいように思います。
今回も、腹が立ったこと、悲しかったことが
自分にとってどんな意味があるのか、
ぼんやりわかったような気がしています。

私は龍がいらっしゃる神社に行くといいそうです。
…といったことも教えてもらいました。
スピリチュアル的なこともありです。
私は京都の貴船神社が好きなのですが
あそこにも龍がいらっしゃるかしら?

交感神経と副交感神経のバランス。
意識して、毎日を少しでも楽に過ごしていきたいです。
そして、交感神経フルの生活を見直していきたいです。
夢の中でも仕事しているのって、やっぱり、しんどいですから。

# by ffk2e | 2013-10-28 21:29 | 日記

冷えピタ

朝からやけどをした。
熱湯が左足の甲にかかった。
そりゃあ、ご近所さんもびっくりの
大声を出してしまったさ。

ああ、なんてついてないんだろう。
今日のやぎ座は10位だったし。
台風のおかげで、貴重な平日休みが無くなるかもだし。
そして、このやけど!

「がんがん冷やして、薬塗って、大変でした~」
って職場で話したら
「ひりひりしているうちは、冷えピタを貼っておくといい。」と教えてもらった。

そうか。冷えピタ。そういう仕事もできるんだね。

冷えピタを足の甲にはりながら、ついてない自分のことを考えた。
夫の厄をかわりに受けてるのでは?と思うぐらい
ついていないことが続くけれど、
冷えピタの新しい使い方を教えてもらったし、
どうやらちょっとの水ぶくれだけですみそうだし、
ま、こういうちょっとついてない日々も、人生には必要なのかな。

もし、土曜日仕事が休みになれば、
私は嵐の中、ずっと一人で家にこもる予定。
夫と娘たちは嵐の中のネズミ屋敷にいってしまうから。
うーん。なんだか寂しいぞ。
ま、でも、
歴代の「お城ツアーズ」をみながら、のんびり過ごそう。

ついていない日々にも、きっと、何かいいことが起こるよね。

# by ffk2e | 2013-10-24 22:11

方向転換

この夏はあまり人に会わなくて、とくに何かあったわけでもない夏だった。
何していたかって聞かれたら「家族と一緒にいた」と答える夏だった。

何もなかったけれど、じんわり幸せな時間だった。
ただ、娘たちと一緒に過ごす時間。

自分が娘たちに必要とされているって心底思えたのは
ちょっと前のことだ。
母親だから当然?でも、私には正直よくわからなかった。
「本当に自分は必要な人間なのか?」
これは大きな価値観の変容。
受け入れられていること、必要とされることのありがたさ。
しみじみと感じる。「私は生きていていいんだ」とまで思った。

それがきっかけなのか、
自宅にいて
くつろげないこと、居心地悪く感じることがずっと続いていたけれど
最近はちょっとずつ大丈夫になってきた。

今は
「いろんな世界を見なさい」って何かに背中を押されている気分。

方向転換をする時期なのかな。
ちょっと見方を変えることで、八方ふさがりだと感じていることに
新しい風が吹き込んでくるイメージ。

あとは、一歩前に出る勇気だね。

# by ffk2e | 2013-09-07 21:32 | 家族

妄想×妄想

帰宅したら、夫の携帯が置いてあった。
職場にもっていくのを忘れたんだね。

夫はまだ帰宅していない。
娘たちは、もうとっくに寝てしまっている。

配偶者の携帯ほど
妄想をかきたてるものはない。
その携帯には、
私が見たところでなんのトクにもならない情報も
いっぱい入っているのだろう。
絶対見ないけど、見ないからいろんな妄想が浮かんでくる。

元カノの誕生日になると
なんかアラームが鳴るように設定されていたりとかしてるかも。
へんなページを見てる履歴が残っているかも。
かわいい女の子と、妙なやりとりしているかも。

妄想はそれぐらいで、くだらなくなったのでやめたけれど、
その日の夜、見事に夫が浮気をする夢を見た(爆)
寝起きに「あなたが浮気した夢を見たんですけど」と言われる方も
たまらないよね、きっと。

ちなみに、夫の浮気相手@私の夢のイニシャルは「M」だった。
イニシャルしかわからないの。

本当に、どうでもいい話だね、これ。

# by ffk2e | 2013-06-29 00:52 | 思うこといろいろ

家族といる幸せ

最近のちょっとした幸せは、
娘1と一緒に、夜9時からラジオの「基礎英語1」を聞くこと。
仕事あっても、9時には家に着けるようにしようとしている。

本当に今更だけど
家族で過ごすことが楽しくなってきた。
義務感からじゃなくて、楽しいから一緒にいる。

先日の休みの日、
出かけることもなく、娘たちと家で過ごしたことが
本当にほのぼのして、なんだかじんわりよかった。
こういう1日を積み重ねていきたいなって思った。

その日は天気が良かったから
お布団を10時から14時のゴールデンタイムに干すこともできた。
これも幸せだった。
ふんわり布団に寝ることは、私より夫が喜ぶこと。
喜んでいる夫を見るのも、幸せだ。

今まで、いろんな価値の評価を
「家の外」に置くことが多かった。
仕事>家って感じだった。
でも、その意識が自分の中で少しずつ変化しているのを感じる。

私が中学生ぐらいのころ
「第3日曜日は家庭の日」っていうのがあって、
その日は部活動が休みになった記憶がある。
(土日に部活があるのが普通の時代)
いろんなカタチがあるだろうけど、毎日「家庭の日」だと私は思う。
家族と一緒に過ごせることを、毎日、幸せだと感じていきたい。

# by ffk2e | 2013-05-19 21:42 | 家族